PAIF - ABF Pan Asia Bond Index Fund

ファンドの特色

アジア国債・公債ETF(正式名称:ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)は、アジア国債・公債市場のさらなる発展を目指す東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)のイニシアティブのもとアジア・ボンド・ファンド2(ABF2)を構成する1ファンドとして設定されました。

※EMEAPは、東アジアおよび太平洋地域の11カ国(オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ)の中央銀行、金融当局で構成される役員会議です。

アジア国債・公債ETFは、シンガポールで登録され、2005年7月に香港証券取引所に上場、2009年6月に日本国内では初となる債券型ETFとして東京証券取引所に重複上場いたしました。


アジアの8つの国・地域の市場(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)で発行される現地通貨建ての国債および公債に投資し、手数料および費用控除前でベンチマーク指数(Markit iBoxx ABF 汎アジア指数)に連動する投資成果を上げることを目標とします。投資家の皆様は1回の取引で、上記アジア8つの国・地域の国債・公債市場への費用効率の高い投資が、可能となります。

※アジア国債・公債ETFはインデックス運用のファンドです。

当ファンドの運用者はステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッド、受託者はHSBC インスティテューショナル・トラスト・サービシズ(シンガポール)リミテッドです。
 
重要事項:
投資にはリスクが伴います。EMEAPのメンバーであるいかなる中央銀行も金融当局も、当ファンドを助成、後援、推薦、発行または保証していません。当ファンドは、8つの投資市場の政府により保証または支持されているものではありません。当ファンドの更なる情報については、アジア国債・公債ETFの有価証券報告書をお読み下さい。本ウェブサイト上の情報は、情報提供のみを目的とするものであり、有価証券もしくは投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘またはアジア国債・公債ETFへの投資の勧誘を目的とするものではありません。

アジア国債・公債ETFの受益権の設定および償還は香港の認定参加者を通じて相当量のサイズでのみ行うことができ、アジア国債・公債ETFが東京および香港証券取引所に上場されていることは、その受益権について流動的な市場を保証するものではありません。アジア国債・公債ETFの受益権は証券取引所において市場価格で取引され、それは当ファンドの受益権1口当たりの純資産額と異なることがあり、また、当ファンドの証券取引所での上場は廃止されることがあります。年2回の分配はアジア国債・公債ETFの運用実績によって決まり、保証されていません。